open: 11:00-20:00
mon - fri: needs reserve
sat, sun: public open
artless appointment gallery
2-45-12
2-45-12, kami-meguro meguro-ku, tokyo

A joint exhibition with WALLS TOKYO gallery, will be held at artless appointment gallery from 26th March to 7th May.

WALLS TOKYO gallery was founded on the idea of “bringing art into everyday life”. Located near the Koishikawa Botanical Gardens in the neighborhood of Hakusan Bunkyo-ku, the gallery seemingly far removed from the hustle and bustle of the city is a serene space where people can appreciate a carefully curated selection of contemporary art from around the world. The gallery not only features paintings, lithography, photography, etc by contemporary masters, but also highlights works by emerging artists. WALLS TOKYO gallery is regarded as one of the leading art galleries in Tokyo where a person with a growing interest in art and a seasoned art collector can both “stumble upon" art.

The exhibition features works by Julian Opie, Anish Kapoor and Andy Warhol from the WALLS TOKYO collection. This is a rare opportunity to see works by two prominent figures of the art world; Opie and Kapoor influential figures of the British art scene, and Warhol the undisputed icon of the pop art scene. We welcome you to visit us on this special occasion and enjoy artworks by artists whose works are recognizable and remain highly sought-after to this day.


WALLS TOKYO
www.wallstokyo.com

Art specialty shop WALLS TOKYO was founded with the simple notion of “bringing art into everyday life”. Offering contemporary art from around the world at fair prices, it is a place where a person with a growing interest in art and a seasoned art collector can both “stumble upon" art. They provides a unique way in which people can discover art, wherein they find an artwork on the online gallery that interests them, and then proceed to visit the gallery space to see the work in person. Their constantly growing collection consists of an eclectic mix of works by contemporary masters and up-and-coming artists.

artist profiles

Julian Opie
British contemporary artist Julian Opie has gained significant attention since his debut and his work is featured in art museums and galleries around the world. He is known for rendering people and landscapes with minimal detail in thick bold lines with small black dots for eyes. Although drawn in a simplistic style, his figures are dynamic yet delicate and convey the personalities of people with startling clarity. A perfect blend of lightness and refinement, his works are held by some of the most prominent museums in the world including Tate Modern, MOMA, and Tokyo National Museum of Modern Art.

Andy Warhol
Andy Warhol is the leading pop artist of the latter half of the 20th century. Since his series of Campbell soup cans in 1962, his works feature instantly recognizable motifs including Coca-Cola, detergent, and other consumer goods, as well as celebrity figures such as Marilyn Monroe and Elvis Presley. By employing the silk screen technique he incorporated the idea of mass production and mass consumption into his art, while simultaneously offering a critique of the capitalistic phenomenon. Many of his works are some of the most recognizable and popular in the world, and his philosophy and life continue to spark heated debate.

Anish Kapoor
One of the most influential British contemporary artists, Anish Kapoor was born in Mumbai in 1954. Having spent his childhood in India, he moved to the UK and studied art in London. His travel to India in 1979 has had a lasting impact on his work, where his best-known works use pigments that he rediscovered in his home country. Instead of as perceptible materials, his work deals in the realm of imperceptible non-materials. By using diverse materials and modes of expression, including lacquer, acrylic, and fiberglass, he has continued to disrupt our visual and spatial perceptions and challenges us to be aware of the notions of presence and absence.

 

この度 artless appointment gallery は WALLS TOKYO ギャラリーとの共同展示を3月26日から5月7日まで開催致します。

”アートをもっと身近なものにしたい” というコンセプトのもと誕生した WALLS TOKYOギャラリーは、文京区白山・小石川植物園向かいの緑に囲まれた場所にあり、都会の喧騒を忘れさせる空間の中、世界中からセレクトされた現代アートの数々を提供しています。ペイントからリトグラフ、写真等、現代アートを代表する作家だけでなくアート界で高い注目を受ける作家を紹介し、初めてアートに興味を持った方、またコレクターにとっても ”これまでにないアートとの出会い” がある東京でも有数のギャラリーとして評価を受けています。

本エキシビションでは WALLS TOKYO のコレクションより、ジュリアン・オピーとアンディ・ウォーホル、アニシュ・カプーアの作品を展示。イギリスを代表する現代美術作家であるオピーとカプーア、世界で最も知られたポップアーティスト・ウォーホルという、身近でありながら今尚その希少性と人気を誇るアーティストの作品をご鑑賞いただけます。WALLS TOKYO による現代アートとの出会いをお楽しみ下さい。

WALLS TOKYO
www.wallstokyo.com
”アートをもっと身近なものにしたい”。そうした想いによりアートのセレクトショップ WALLS TOKYO が誕生しました。世界中からセレクトされた現代アートの数々を、誰もが買いやすい適正価格(FAIR PRICE)で提供し、初めてアートに興味を持った人も昔からのコレクターも、これまでにないアートとの出会いがあります。またインターネットサイトのWEBギャラリーと同時に常設のギャラリーを運営し、WEBで気になった作品を実際にギャラリーで確かめるという新たなアートとの触れ合いを提案。現代アートを代表とする作家を中心に、将来性の高い作家まで随時紹介しています。

 

artist profiles

Julian Opie
イギリスを代表する現代美術作家ジュリアン・オピーはデビュー当時から高い注目を集め、世界各国の美術館やギャラリーで作品を発表しています。人物や風景を単純化して描くのが彼の特徴で、作品の中で人物は黒く太い線で縁取られ、クローズアップした顔には小さな黒い点で目が表現されています。オピーが描く人物は皆、点と線だけで顔が描かれていながらも繊細さとダイナミックさを兼ね備えており、モデルの個性が凝縮されています。カジュアルであり高いクオリティと洗練さを持ち合わせたオピーの作品は、ロンドンの Tate Modern、ニューヨークのMOMA、日本の東京国立近代美術館等、世界中の主要な美術館に所蔵されています。

Andy Warhol
20世紀後半を代表するポップアーティストのアンディ・ウォーホルは1962年にキャンベルスープ缶のシリーズ作品を発表以降、コカ・コーラや洗剤といった消費財やマリリン・モンロー、エルヴィス・プレスリーをはじめとする有名人等、大衆社会にとって分りやすい素材をモチーフとした作品を描きました。シルクスクリーンの技法をいち早く取り入れ、大量生産・大量消費という高度資本主義有象をアートに持ち込みながらも、同時にそうした時代背景に対するウォーホルのシニカルな視点が感じられます。彼のカリスマティックな作品は多くの人を魅了し、人生観や生き様そのものが伝説的な存在であり続けています。

Anish Kapoor
イギリスを代表する現代美術作家。1954 年ムンバイ生まれ、ロンドン在住。幼少期をインドで過ごしたカプーアは、17 歳で渡英し、ロンドンでアートを学びました。また、1979 年のインド旅行は彼の制作に大きく影響し、インドで再発見した顔料を用いた作品がよく知られています。それらは、視覚的に認められる物質としてより、視覚的認識の困難さがもたらす非物質的な存在を作品化するものでした。以後、鉱物や漆、アクリル、ファイバーグラスなど多様な素材、表現方法を取り入れながら私たちの視覚認識や空間概念を揺さぶり、存在の有無を意識させるような作品を発表し続けています。

Public openings on weekends and appointment only on weekdays.
Please contact us for appointments, inquiries or purchases.

当ギャラリーは週末のみ一般公開、平日は予約制となります。
平日のご来訪または作品や書籍のご購入をご希望の方は、下記より予約をお願いいたします。

exhibition list